健康食品の定義

健康食品という言葉をよく聞くようになりました。

昔はそうでもなかったのですが、最近はほんとよく耳にします。
それだけ健康を意識する人が増えたせいなのか、それとも自分が健康を意識する
年齢になったのか。

健康食品の定義とは、「広く、健康の保持増進に資する食品として販売・利用される
もの全般」とされています。

ちょっと難しいですが、健康促進や維持に効果が認められるものということでしょう。
ですが健康食品は分類上は医薬品ではなく食品に分類されるそうで、健康食品という
カテゴリーはないそうです。

でも今は、国の定めた規格や基準を満たす食品は保険機能を表示することが
可能になりました。また科学的な根拠を提出し表示の許可を得た健康食品は
特定保健用食品、いわゆるトクホと呼ばれます。

トクホという言葉もテレビなどでよく見かけますよね。
トクホとあるだけで、バカ売れする飲料なども多いですよね。

やっぱり気軽に健康に繋がるものは、皆が求めているということでしょう。

健康は大切だけど、面倒くさいことはしたくない。だけど簡単に健康に繋がる
ならしたいというが私も含めた大多数の人間の本意なんでしょうね。

また健康食品のなかでも粉末や錠剤、カプセル状のものはサプリメントなどとも
呼ばれています。

健康食品やサプリメント